知っておきたい!土地・費用のこと

家づくりをはじめる前に~土地・費用のこと~

吹き抜けの開放的なリビング、あこがれの書斎、バーベキューが楽しめる広い庭……マイホームへの夢は広がりますね。家の建材、外装・内装、インテリアなど考えることはたくさんありますが、その前に確認しておきたいのが「土地」と「費用」のこと。


住宅を建築する土地はすぐに建物を建てられる状態かどうか、どんな建物を建てることができるかなど、事前に確認すべきことがあります。また、家づくりには建築費や土地代だけでなく、登記や税金などの諸費用がかかりますので、トータルで考えたうえで建築費用を配分しないと家計を圧迫してしまうことにもなりません。「土地」と「費用」のこと。家づくりをはじめる前にしっかり確認しておきましょう。


土地選びのポイント

資金計画のポイント


土地選びのポイント

土地選びは、土地の大きさや金額だけで判断すると家づくりや住みはじめの段階で不満が出てきてしまう場合があります。土地選びはあらゆる条件を考慮したうえで決めることが大切です。

周辺環境

土地に足を運んで周辺を歩きながら、生活する自分や家族をイメージしてみましょう。実際に使う交通機関を利用したり、商店街で買い物したりと実際の生活に近い行動をとってみるのもいいですね。また、朝と夜、平日と休日とで騒音や交通量など環境に違いがでる地域もありますので、数回にわたり時間をずらして訪れてみましょう。


条件

建築基準法において、土地と道路の関係が定められています。建物を建てる土地は基本的に幅員4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。基準を満たしているかどうかを土地の売主または管轄の役所に確認してみましょう。また、市街化調整区域内の土地は住宅建築が難しくなります。管轄の役所に確認してみましょう。


土地をお持ちの方・土地をお探しの方へ
アトリエSumikaでは、住宅を建てることができるかどうかを調べる土地調査を実施しています。お客様のお持ちの土地が条件を満たしているかどうかを調べたうえで、土地の測量を行い、どのような家が建てられるかをご提案させていただきます。また、土地をお探しの方を対象に、ご予算やご希望に合った土地をお探ししていますので、お気軽にご相談ください。

資金計画のポイント

頭金をもとに、いくら借入が必要か、どのような返済計画を立てるべきかを考えます。そして、頭金と借入金を合わせた金額をもとに、土地代や建築費などを振り分けます。そのうえで大切なのが、余裕を持った資金計画を立てることです。

無理のない住宅ローンの利用を

多くの方が住宅ローンを申請するかと思いますが、よく起こるのが「無理な返済計画を立ててしまう」「頭金を無理に捻出する」こと。いずれも家計の破綻を招く原因となります。病気などによる突然の支出も視野に入れて十分に預貯金を確保したうえで、住宅ローンを利用しましょう。


建築費以外の費用

住宅建築にかかるのは土地代や建築費だけではありません。税金や登記、住宅ローン、引っ越しなどの諸費用もかかります。それらの費用は目安として土地代、建築費の5~10%程度とされています。たとえば2,000万円の家を建てる場合、5%なら100万円が諸費用として必要になるのです。


これから資金計画を立てる方へ
アトリエSumikaでは無理のない適正な資金計画のアドバイスを行っています。ローンや金融機関のご提案、ローン契約のお手続きのアドバイスなどもお任せいただけます。
また、アトリエSumikaがご提案するのは、ローコストのデザイナーズ住宅。設計・建築費が1,500~2,000万円の住まいをご提案していますので、費用をあまりかけられないという方もお気軽にご相談ください。

アトリエSumikaが形にした家  アトリエSumikaの家づくり

完成見学会・イベント情報はこちらから

新築&リフォーム無料相談会 開催中

ページの先頭に戻る